「カスタムメイド」と「オーダーメイド」の違い

今、インテリアの世界ではカスタマイズした家具やオーダーメイドの家具など、色んな商品が流出しています。ところで、皆さんは「カスタムメイド」と「オーダーメイド」の違いについてどこまでお分かりですか?どこまでがカスタムメイド扱いで、どこからがオーダーメイド扱いになるのかをこの記事で詳しく解説させて頂きます。

定義

Alt text
定義を述べるとなると少し専門的な感じもしますが、簡単にまとめると下記のようになります。

カスタムメイド

⇨既存の物、商品に手を加えてデザインを変える事。
(例)木製パネルを購入して、自分で好きなデザインのファブリックを貼った。
このように、カスタムメイドのポイントは、
「何の商品を」
「どのようにしたいか」
です。既存の商品にご自身でお好みのデザインを ”カスタマイズ” する事をカスタムメイドと言います。

オーダーメイド

Alt text

出典: www.ikususu.com/

⇨商品として店頭やネットで販売されていないものを1から作り上げる事。
(例)希望のサイズ、フレームの素材、クッション素材、生地の素材、デザインなどを1から作り上げたオーダーメイドソファ。
このように、オーダーメイドのポイントは、
「作りたい商品の種類」
「どんなサイズで」
「どんな素材で作りたいか」
「どんなデザインで」
「予算はどれ程か」
などの多くの要点を買い手と相談した上で ”1から作り上げる商品の事” をオーダーメイドと言います。

カスタムメイドとオーダーメイドソファカバー

弊社Comfort Worksでは、「IKEAソファ」、「無印良品ソファ」、「Pottery Burnソファ」の取り替え用カバーをハンドメイドで作り、「カスタムソファカバー」として販売しています。これら3つのブランド以外のソファカバーを「フルオーダーメイド」で作製することも出来ます。下のお写真でこれまで弊社で作ったカスタムメイド、オーダーメイドのカバーをご紹介しております。

カスタムメイド

Alt text

IKEA Ektorpの3人掛けソファに弊社オリジナルのベルベット(パイル織)の生地でカバーを作製しました。IKEAが販売している純正のカバーと同じく、裾の長いタイプのカバーでコーナーにはプリーツを施しています。

 
Alt text

IKEA KARLSTADソファにIKEAでは取り扱いのないレザーの生地でカバーを作りました。

 

Alt text

IKEA Kivikソファにリネン素材の生地でカバーを作製しました。IKEAでは取り扱いのない裾の長いタイプのデザインに仕上げました。

 

Alt text

無印良品ワイドアームソファにリネン素材の生地でカバーを作製しました。無印良品では取り扱いのない"パイピング"というデザインが縫い目に施されています。

 

Alt text

IKEA Kivikアームレスソファにポリエステルの生地でカバーを製作しました。追加で白のパイピングのデザインに仕上げました。

オーダーメイド

Alt text

ソファはJoystyleのSalaというソファシリーズになります。ウールの生地でカバーを作りました。ソファのサイズを細かく測定した上でぴったりのカバーを作製しました。

Alt text

マスターウォールのモノソファに綿とポリエステルの混紡生地でカバーを作りました。ソファのサイズを細かく測定した上でぴったりフィットするカバーを作製しました。

最後に

似ているようで異なるカスタムメイドとオーダーメイドは時折混同され易い和製英語ですので注意してください。この記事を読んで頂き、少しでも違いをお分かり頂ければ嬉しいです。弊社では、上のクイズで挙げた写真のように、「IKEA」「無印良品」「Pottery Burn」のソファカバーをカスタムメイド商品として取り扱っています。その他ブランドのソファは上のお写真の中のマスターウォールのソファのように、ソファを1から測定し、お好みのデザインでカバーを製作するオーダーメイドの商品となります。疑問点やご意見等がございましたら是非コメント欄に記入をお願い致します。