ソファカバーはどのようにつくられているの?

ハンドメイドソファカバーはどのようにつくられているのでしょうか?
コンフォートワークスの製作過程を覗いてみましょう!
How It's Made

ソファカバーは
どのようにつくられているの?

How It's Made



ハンドメイドソファカバーはどのようにつくられているのでしょうか?コンフォートワークスの製作過程を覗いてみましょう!




Step 1 : 注文を確認

Fabric Availability
お客さまからのご注文を受けると、わたしたちはご注文の内容、生地の在庫、そして製作に必要な時間を1~2営業日の間に確認します。
ご注文内容を確定次第、ID(例:CW0XXXX-AB)と共にご注文確定のメールをお送りいたします。

基本的に全ての生地は弊社の倉庫に保管されていますが、人気のある生地は在庫が無くなってしまうことがあります。再入荷にあたり、カバーの製作時間に支障をきたす場合がございますのでご了承ください。

また、天然素材の生地はロットによって色合いや質感に差異が生じることがありますのでご了承ください。特にリネンや綿は、染色する度に色合いや質がほんの少しずつ異なります。全く同じ商品も別々に染色されると2-5%程違いが生じますのでご理解ください。尚、一度のご注文で同時に2つ以上のカバーをご注文頂く場合には、同じ色合いの生地にてカバーの製作が可能ですのでご安心ください。

Step 2 : 生地にパターンを記入

Pattern Making
ご注文頂いた生地の在庫が十分にあるかどうか確認が取れると、生地がロール状に巻かれた状態で作業場まで運ばれてきます。ロールを解き、約15メートルの生地(通常の3人掛けの場合)が台の上に広げられます。

ソファのおおよその形は機械で生地に直接描き、寸法に関しては手で直接写していきます。この作業には少し時間が掛かりますが、長期間に渡り経験を積んだ裁縫師しかできない作業で、「カバーがどの様な見た目になるか」をイメージするための大切な作業です。カバーをお受け取りの際、一度生地の裏側をご覧ください。縫い目のあたりに寸法が記入された跡を確認できます。

弊社のやり方は少し古い感じがするかもしれません。しかし、コンフォートワークスの裁縫師、仕立て人はパソコンを一切使わず、ソファそのものの寸法のみでイメージし、実際に生地に形を描く技術を持った熟練の者ばかりです。だからこそ、コンフォートワークスはブランドを問わず、カスタムメイドのソファカバーをお作りすることができます。弊社では既製商品の販売ではなく、オーダーメイド及びカスタムメイド商品しか取り扱っていません。

Step 3 : 生地をカット

Pattern Cutting
通常、生地を裁断する際には型紙を使用して機械で生地を切ることが多いですが、コンフォートワークスでは全てのご注文がオーダーメイドまたはカスタムオーダーのため、手作業で生地を裁断していきます。

生地に直接パターンを記入して裁断する作業は非常に時間が掛かります。寸法に合うように何度も再確認が必要となる、大切な作業です。長い生地を真っ直ぐ手で切るには、長年の経験と洗練された高度な技術が必要となります。

この段階で一つの生地から約30前後のピースにカットされます。 

Step 4 : 縁取り作業

Edging
ここで、やっと機械を使用します。エッジングマシーンと呼ばれるこの機械は、30前後のピースそれぞれの生地に縁を作っていくために生地の形に沿って動かしていきます。

生地の端に白い糸で輪っかを作っていき、パーツとパーツに分かれた生地を後ほど縫い合わせていく際に必要な縁を作っていきます。この縁取り作業は、パーツとパーツを縫い合わせていく際に均等に整った縫い目を作るために必要となります。お受け取り頂いたカバーの縁を見て頂くと、縁取り跡が確認できます。

Step 5 : 裁縫作業

Stitching
ここでは、パーツに分かれた生地を、それぞれ縫い付けていきます。ファスナーや滑り止め加工もこの段階で施されます。

この作業の段階で初めて、ソファカバーの形がはっきりと見えてきます。

また、縫い合わされたカバーそれぞれにパーツラベルが縫い付けられます。カバーをご購入頂いたお客さまはお気付きかと思われますが、弊社では環境保護の視点から商品にお取り扱い説明書を同封していません。その代わりにカバーがどの部分に値するのかを示したラベルをつけています。このラベルがみなさんのカバーの装着をわかりやすくお手伝いいたします!

Step 6 : パイピング

Piping
「パイピング」のオプションをお選びいただいた場合には、次に生地の縁をパイプ状に縫い付けます。パイピングを施すと、ソファはより立体的な見た目になります。

コードパイピングをご選択の場合、ミシン目の代わりに縫い目をさらに生地で覆ってパイプのようなラインに仕上げます。

コントラストパイピングをご選択の場合、ソファカバーに選択した生地とは異なる色の生地でパイピングを施します。より立体的に、そしてポップなイメージな仕上がりとなります。

Step 7 : 裾長とプリーツ

Skirt
裾の角や中央にプリーツを施すオプションをご希望の場合、裁縫の最終段階でソファカバーの裾を仕上げていきます。

パイピングやプリーツは、カバーに個性的な印象を与えます。ソファやお部屋を少し違った雰囲気にされたい方にはおすすめです。

またシンプルなデザインをご希望の場合には、裾長ストレートタイプまたはぴったりフィットの裾の仕上げがおすすめです。

Step 8 : 検品

Trimming Excess
この段階では、まず生地を縫い合わせた際に出来たほつれ糸を切り落としていきます。

全てのほつれ糸の確認を終えると、次にファスナーがきちんと動作するかどうか、また縫い目が均等になっているかどうかの最終確認を行います。

Step 9 : アイロン掛け・梱包・発送

Manstad Slipcover
検品を終えたカバーには、発送の前にまずアイロン掛けし、弊社オリジナルの丈夫な袋に入れ、丁寧に梱包いたします。
実際にお届けされる商品は、上の写真のように梱包されています。

発送した翌日には配送業者より追跡番号が発行されますので、配送状況をご確認いただくことが可能です。

コンフォートワークスのカバーの製作過程をご覧いただき、いかがでしたか?どのようにカバーがつくられるのか、少しでも具体的なイメージをお持ちいただければうれしく思います。

弊社では、IKEA、無印良品、その他のブランドのカバーをハンドメイドでお作りしています。カバーをお求めの方はお持ちのソファに該当するカテゴリーを下記からご選択ください。